古書の買取は高知市の【ぶっくいん高知 古書部】におまかせ下さい。古本、古雑誌以外にもCD、DVD、趣味の収集品なども買い取ります。

我が国の文化と伝統

「暮しの手帖 ぬりえ」初山滋/鈴木信太郎を買取り

カテゴリー/ 我が国の文化と伝統 |投稿者/ ぶっくいん高知
2017年05月02日
昭和26年に暮しの手帖から発売された「ぬりえ」のNo.1 No.2 お手本の絵を描いているのは No.1…鈴木信太郎、小磯良平、宮本三郎、児島善三郎、初山滋、杉本健吉、三岸節子、長谷川春子 No.2…岡鹿之助、三岸節子、杉本健吉、鈴木信太郎、児島善三郎、小磯良平、脇田和、初山滋 ぬりえとは言え、味のある良い絵ばかりです。 貴重な本をお譲りいただき、ありがとうございまし...【続きを読む】
 

 

山岳書「新選復刻 日本の山岳名著 」を買取り

カテゴリー/ 我が国の文化と伝統 |投稿者/ ぶっくいん高知
2017年04月29日
「新選復刻 日本の山岳名著 全20点、全29冊揃い」、 ※作品解題、特別資料2点(槍ヶ岳絵図、日本山岳会会報)付き。 昭和53年 大修館書店・発行 全て保護函付き、ほぼ元パラ付、一部に若干のシミ、体的に使用感少なくきれいな状態です。 買取り額にもご納得いただき、ありがとうございました。...【続きを読む】
 

 

剣道「山田次朗吉剣道著作集」を買取り

カテゴリー/ 我が国の文化と伝統 |投稿者/ ぶっくいん高知
2017年04月29日
剣道「山田次朗吉剣道著作集 全6巻9冊揃」を買取り 山田 次朗吉(やまだ じろきち)は、日本の剣術家(直心影流第15代)。号は一徳斎。自流の振興のみならず、諸学校において剣道師範を務め、剣道の研究・著述活動を行い『日本剣道史』等の名著を残しました。 ※関東大震災のとき、自分の家がや数万冊に上る蔵書が焼けるのをかまわず、リヤカーで他人の救済を続け、財産の一切を無くした。このとき、...【続きを読む】
 

 

「曾野綾子の本」を古書交換会で落札

カテゴリー/ 我が国の文化と伝統 |投稿者/ ぶっくいん高知
2017年04月28日
東京古書組合の古書市(交換会)で 「曾野綾子の著作 125冊」を落札しました。 現在、産経新聞に彼女の「透明な歳月の光」というコラムが毎週水曜日に連載されており、 毎回、予想を覆(くつがえ)す内容で楽しみとなっています。 通常、この手のコラムでは理想論や建前でお茶を濁しておわり、という 批判されず、敵を作らず、笑いの一つもとれれば良い、つまり毒にも薬にもならない職業作...【続きを読む】
 

 

「景道 片山流教本」を買取り

カテゴリー/ 我が国の文化と伝統 |投稿者/ ぶっくいん高知
2017年04月25日
「景道 片山流教本 3冊 函入り」盆栽/樹鉢/水盤/飾り/陳列/を買取り 景道、あまり聞き慣れない言葉ですが、 ※季節感のある盆栽、山野草、水石などの自然物と、軸物、添配などの美術品を組み合わせ、物語のある風景をつくり出す新しい空間芸術です。 その珍しい本を買取りさせていただきました、 査定額にもご納得いただき、ありがとうございました。...【続きを読む】
 

 

文芸書「巴里より」与謝野寛・晶子を買取り

カテゴリー/ 我が国の文化と伝統 |投稿者/ ぶっくいん高知
2017年04月25日
文芸書「巴里より」大正三年/初版/金尾文淵堂/与謝野寛・晶子を買取り 珍しい本をお持込みいただきました、 与謝野鉄幹(寛)と与謝野晶子夫婦のパリ旅行の紀行文、 当時の現地写真なども掲載されています、 ただ、函は壊れ、背表紙は一部欠損しており状態はあまり良くありませんが買い取ることに、 買取り金額にもご納得いただき、ありがとうございました。   ...【続きを読む】
 

 

全集「立原正秋全集」角川書店を買取り

カテゴリー/ 我が国の文化と伝統 |投稿者/ ぶっくいん高知
2017年04月24日
全集「立原正秋全集 全24巻」角川書店を買取り 昭和四十一年に『白い罌粟』で直木賞を受賞した、 代表作に『冬の旅』『残りの雪』『冬のかたみに』など。『秘すれば花』『日本の庭』など、随筆も多い、 食道癌で亡くなる2ヶ月前に、ペンネームだった「立原正秋」への正式な改名が認められ、本名になった。 ※大正15年1月、朝鮮人の子として朝鮮慶尚北道安東郡西後面耳開洞に生まれ、胤...【続きを読む】
 

 

「表装大鑑 全4冊」を買取り

カテゴリー/ 我が国の文化と伝統 |投稿者/ ぶっくいん高知
2017年04月23日
あまり耳慣れない言葉ですが「表装」に関する書物を買取りさせていただきました、 全4冊で10kg程あるんでしょうか?大型で重たい本です。 ※表具(ひょうぐ)とは、布や紙などを張ることによって仕立てられた巻物、掛け軸、屏風、襖、衝立、額、画帖など。または、それらを仕立てること。仕立てることを表装(ひょうそう)とも称する。 ※表装を職業としている人を、表具師(ひょうぐし)または...【続きを読む】
 

 

画集「支那大観 黄河/揚子江」福田眉仙を買取り

カテゴリー/ 我が国の文化と伝統 |投稿者/ ぶっくいん高知
2017年04月20日
画集「支那大観 揚子江(2冊揃い)」大正5年/福田眉仙/金尾文淵堂 ※福田眉仙とは、1875-1963 明治-昭和時代の日本画家、また久しく中国に遊び、写生して『支那大観』を著した。 外函は壊れ剥がれ、帙少し虫食い、本体少し虫食いなど状態は良いとは言えませんが、 木版彩色刷画が40点以上あり、貴重な画集です。 珍しい画集をお譲りいただき、ありがとうございました。 ...【続きを読む】
 

 

和本(和綴じ本)「不折俳画」初版を買取り

カテゴリー/ 我が国の文化と伝統 |投稿者/ ぶっくいん高知
2017年04月18日
明治43年の和本「不折俳画 上下巻(2冊)」中村不折著 洋画家で渡仏体験のある中村不折の画で、 序文が夏目漱石、句は河東碧梧桐、さらに高浜虚子が評釈を加えています。 木版彩色刷の俳画が多数綴じられており、 状態は綴じ糸が一部切れていますが明治時代の本としては悪くありません、 買取り金額にもご了承いただきありがとうございました。  ...【続きを読む】
 

 
10 / 12« 先頭...89101112
●
Top